Fコードから始まるサビ カンザキイオリ 地獄に落ちる

分析
コード:F


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~A5(ラ)
重要メロの繰り返し回数1回(レドレミミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
徐々な上昇メロにより印象を残した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック・サブドミナントを活用した王道パターン。
演奏はギターアルペジオが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Fコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

カンザキイオリ 地獄に落ちる 音域
カンザキイオリ 地獄に落ちる BPM(テンポ)
カンザキイオリの曲

Dコードから始まるサビ カンザキイオリ 大人

分析
コード:D


key(キー):Aメジャー
スケール:A B C# D E F# G# (ラシド#レミファ#ソ#)
平行調:F#mスケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~E4(ミ)
重要メロの繰り返し回数:2回(ミ~ド#シ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A、ⅱ:Bm、ⅲ:C#m、ⅳ:D、ⅴ:E、ⅵ:F#m、ⅶ:G#m7♭5、
トニック(T):【E(Maj7)】、C#m(m7)、F#m(m7)
サブドミナント(SD):Bm(m7)、【A(Maj7)】
ドミナント(D):【E(7)】、G#m7♭5


解説
サビメロ2×2を繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターン。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Dコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

カンザキイオリ 大人 音域
カンザキイオリ 大人 BPM(テンポ)
カンザキイオリの曲

D#Maj7(E♭Maj7)コードから始まるサビ カンザキイオリ あの夏が飽和する。

分析
コード:E♭Maj7


key(キー):B♭メジャー
スケール:B♭ C D E♭ F G A (シ♭ドレミ♭ファソラ)
平行調:Gマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:D4(レ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数1回(レ~シ♭シ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:B♭、ⅱ:Cm、ⅲ:Dm、ⅳ:E♭、ⅴ:F、ⅵ:Gm、ⅶ:Am7♭5、
トニック(T):【B♭(Maj7)】、Dm(m7)、Gm(m7)
サブドミナント(SD):Cm(m7)、【E♭(Maj7)】
ドミナント(D):【F(7)】、A#m7♭5


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターン。
演奏はシンセスアレンジが主体。
リズムについては、4分と倍テンを組み合わせた歌メロをを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→D#Maj7(E♭Maj7)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

カンザキイオリ あの夏が飽和する。 音域
カンザキイオリ あの夏が飽和する。 BPM(テンポ)
カンザキイオリの曲

Gコードから始まるサビ カンザキイオリ 不器用な男

分析
コード:G


key(キー):Dメジャー
スケール:D E F# G A B C# (レミファ#ソラシド#)
平行調:Bmスケール


サビのメロディラインの範囲:A2(ラ)~高:A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シレミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:D、ⅱ:Em、ⅲ:F#m、ⅳ:G、ⅴ:A、ⅵ:Bm、ⅶ:C#m7♭5、
トニック(T):【D(Maj7)】、F#m(m7)、Bm(m7)
サブドミナント(SD):Em(m7)、【G(Maj7)】
ドミナント(D):【A(7)】、C#m7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、同メロの繰り返しにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターン
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリをを基本とした疾走感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→Gコードから始まるサビ(目次へ)

→TOP(目次へ)

カンザキイオリ 不器用な男 音域
カンザキイオリ 不器用な男 BPM(テンポ)
カンザキイオリの曲

Fコードから始まるサビ カンザキイオリ 命に嫌われている

分析
コード:F


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~G5(ソ)
重要メロの繰り返し回数1回(レ~ドレミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロ3×2を回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・サブドミナントを活用した王道パターン。
演奏はストリングスアレンジが主体。
リズムについては、4つ打ちと8分を基本とした疾走感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→Fコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

カンザキイオリ 命に嫌われている 音域
カンザキイオリ 命に嫌われている BPM(テンポ)
カンザキイオリの曲