Aコードから始まるサビ Ado 世界のつづき

分析
コード:A


key(キー):Aメジャー
スケール:A B C# D E F# G# (ラシド#レミファ#ソ#)
平行調:F#mスケール


サビのメロディラインの範囲:F#3(ファのシャープ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:3回(シラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A、ⅱ:Bm、ⅲ:C#m、ⅳ:D、ⅴ:E、ⅵ:F#m、ⅶ:G#m7♭5、
トニック(T):【E(Maj7)】、C#m(m7)、F#m(m7)
サブドミナント(SD):Bm(m7)、【A(Maj7)】
ドミナント(D):【E(7)】、G#m7♭5


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセとストリングスアレンジが主体。
リズムは、4分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Aコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado 世界のつづき 音域
Ado 世界のつづき BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

D#m(E♭m)コードから始まるサビ Ado ウタカタララバイ

分析
コード:E♭m


key(キー):E♭マイナー
スケール:E♭ F G♭ A♭ B♭ C♭ D♭ (ミ♭ファソ♭ラ♭シ♭ド♭レ♭)
平行調:G♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:C#4(ドのシャープ)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:2回(レ♭レ♭シ♭ソ♭ファ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:E♭m、ⅱ:Fm7♭5、ⅲ:G♭、ⅳ:A♭m、ⅴ:B♭m、ⅵ:C♭、ⅶ:D♭
トニックマイナー(Tm):【E♭m】、G♭、C♭
サブドミナントマイナー(SDm):【A♭m】、Fm7♭5、A♭、D♭
ドミナントマイナー(Dm):【B♭m】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロと上昇メロの組み合わせにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はブラスアレンジが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→D#m(E♭m)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado ウタカタララバイ 音域
Ado ウタカタララバイ BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

A#m(B♭m)コードから始まるサビ Ado 逆光

分析
コード:B♭m


key(キー):B♭マイナー
スケール:B♭ C D♭ E♭ F G♭ A♭ (シ♭ドレ♭ミ♭ファソ♭ラ♭)
平行調:D♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シ♭ラ♭シ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:B♭m、ⅱ:Cm7♭5、ⅲ:D♭、ⅳ:E♭m、ⅴ:Fm、ⅵ:G♭、ⅶ:A♭
トニックマイナー(Tm):【B♭m】、D♭、G♭
サブドミナントマイナー(SDm):【E♭m】、Cm7♭5、G♭、A♭
ドミナントマイナー(Dm):【Fm】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→A#m(B♭m)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado 逆光 音域
Ado 逆光 BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

Eコードから始まるサビ Ado 私は最強

分析
コード:E


key(キー):Eメジャー
スケール:E F# G# A B C# D#(ミファ#ソ#ラシド#レ# )
平行調:C#mスケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミラソ#)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:E、ⅱ:F#m、ⅲ:G#m、ⅳ:A、ⅴ:B、ⅵ:C#m、ⅶ:D#m7♭5
トニック(T):【E(Maj7)】、G#m(m7)、C#m(m7)
サブドミナント(SD):F#m(m7)、【A(Maj7)】
ドミナント(D):【B(7)】、D#m7♭5


解説
サビメロを2+1の後に、同リズムメロの繰り返しと上昇メロを組み合わせることにより印象を残す手法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Eコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado 私は最強 音域
Ado 私は最強 BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

Cコードから始まるサビ Ado 新時代

分析
コード:C


key(キー):Eマイナー
スケール:E F# G A B C D (ミファ#ソラシドレ)
平行調:Gメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(レドシソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Em、ⅱ:F#m7♭5、ⅲ:G、ⅳ:Am、ⅴ:Bm、ⅵ:C、ⅶ:D
トニックマイナー(Tm):【Em】、G、C
サブドミナントマイナー(SDm):【Am】、F#m7♭5、C、D
ドミナントマイナー(Dm):【Bm】


解説
サビメロを2+1×2を繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリ8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado 新時代 音域
Ado 新時代 BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

GMaj7コードから始まるサビ Ado マザーランド

分析
コード:GMaj7


key(キー):Bマイナー
スケール:B C# D E F# G A (シド#レミファ#ソラ)
平行調:Dメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:3回(レド#シララ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Bm、ⅱ:C#m7♭5、ⅲ:D、ⅳ:Em、ⅴ:F#m、ⅵ:G、ⅶ:A
トニックマイナー(Tm):【Bm】、D、G
サブドミナントマイナー(SDm):【Em】、C#m7♭5、G、A
ドミナントマイナー(Dm):【F#m】

解説
サビメロ2×1+2を繰り返した後に、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→GMaj7コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado マザーランド 音域
Ado マザーランド BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

C#(D♭)コードから始まるサビ Ado ラッキー・ブルート

分析
コード:D♭


key(キー):D♭メジャー
スケール:D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C (レ♭ミ♭ファソ♭ラ♭シ♭ド)
平行調:B♭mスケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~C#5(ドのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(レ♭ドレ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:D♭、ⅱ:E♭m、ⅲ:Fm、ⅳ:G♭、ⅴ:A♭、ⅵ:B♭m、ⅶ:C#m7♭5、
トニック(T):【D♭(Maj7)】、Fm(m7)、B♭m(m7)
サブドミナント(SD):E♭m(m7)、【G♭(Maj7)】
ドミナント(D):【A♭(7)】、Cm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロの繰り返しにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado ラッキー・ブルート 音域
Ado ラッキー・ブルート BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

Gmコードから始まるサビ Ado ドメスティックでバイオレンス

分析
コード:Gm


key(キー):Gマイナー
スケール:g a b♭ c d e♭ f (ソラシ♭ドレミ♭ファ)
平行調:B♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソファソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:Gm、ⅱ:Am7♭5、ⅲ:B♭、ⅳ:Cm、ⅴ:Dm、ⅵ:E♭、ⅶ:F
トニックマイナー(Tm):【Gm】、B♭、E♭
サブドミナントマイナー(SDm):【Cm】、Am7♭5、E♭、F
ドミナントマイナー(Dm):【Dm】


解説
サビメロを2回繰り返した後に、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、倍テンを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Gmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado ドメスティックでバイオレンス 音域
Ado ドメスティックでバイオレンス BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

Aコードから始まるサビ Ado 永遠のあくる日

分析
コード:A


key(キー):Aメジャー
スケール:A B C# D E F# G# (ラシド#レミファ#ソ#)
平行調:F#mスケール


サビのメロディラインの範囲:E4(ミ)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:3回(ラシド#)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A、ⅱ:Bm、ⅲ:C#m、ⅳ:D、ⅴ:E、ⅵ:F#m、ⅶ:G#m7♭5、
トニック(T):【E(Maj7)】、C#m(m7)、F#m(m7)
サブドミナント(SD):Bm(m7)、【A(Maj7)】
ドミナント(D):【E(7)】、G#m7♭5


解説
サビメロを1+3×2を繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はピアノとギターバッキングが主体。
リズムについては、3拍子を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Aコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado 永遠のあくる日 音域
Ado 永遠のあくる日 BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

Cコードから始まるサビ Ado 過学習

分析
コード:C


key(キー):Eマイナー
スケール:E F# G A B C D (ミファ#ソラシドレ)
平行調:Gメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(レミレ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Em、ⅱ:F#m7♭5、ⅲ:G、ⅳ:Am、ⅴ:Bm、ⅵ:C、ⅶ:D
トニックマイナー(Tm):【Em】、G、C
サブドミナントマイナー(SDm):【Am】、F#m7♭5、C、D
ドミナントマイナー(Dm):【Bm】


解説
上昇メロで印象を残した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分と8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado 過学習 音域
Ado 過学習 BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲