C#(D♭)mコードから始まるサビ 柊キライ エウレカ

分析
コード:C#m


key(キー):C#マイナー
スケール:c# d# e f# g# a b (ド#レ#ミファ#ソ#ラシ)
平行調:Eメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:F#4(ファのシャープ)~高:C#6(ドのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:2回(ミソ#ソ#ソ#)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C#m、ⅱ:D#m7♭5、ⅲ:E、ⅳ:F#m、ⅴ:G#m、ⅵ:A、ⅶ:B、
トニックマイナー(Tm):【C#m】、E、A
サブドミナントマイナー(SDm):【F#m】、D#m7♭5、A、B
ドミナントマイナー(Dm):【G#m】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより緊張感を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用した暗めの進行が特徴的。
演奏はブラスアレンジが主体。
リズムについては、倍テンを基本とした急かすような緊張感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)m7コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

柊キライ エウレカ 音域
柊キライ エウレカ BPM(テンポ)
柊キライの曲

Fmコードから始まるサビ 柊キライ ボトム

分析
コード:Fm


key(キー):Fマイナー
スケール:D♭ E♭ F G A♭ B♭ C (レ♭ミ♭ファソラ♭シ♭ド)
平行調:A♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:F4(ファ)~G#5(ソのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:2回(ファドシ♭ド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Fm、ⅱ:Gm7♭5、ⅲ:A♭、ⅳ:B♭m、ⅴ:Cm、ⅵ:D♭、ⅶ:E♭
トニックマイナー(Tm):【Fm】、D♭、A♭
サブドミナントマイナー(SDm):【B♭m】、Gm7♭5、D♭、E♭
ドミナントマイナー(Dm):【Cm】


解説
サビメロ2×2を繰り返した後で、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用した暗めのアレンジ。
演奏はベースとリズムを強調したアレンジが主体。
リズムについては、4分ノリを基本にした重ためのアレンジとなっている。 。





関連記事
→Fmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

柊キライ ボトム 音域
柊キライ ボトム BPM(テンポ)
柊キライの曲

Dmコードから始まるサビ 柊キライ ラブカ?

分析
コード:Dm


key(キー):Dマイナー
スケール:D E F G A B♭ C (レミファソラシ♭ド)
平行調:Fメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:C#4(ドのシャープ)~高:D5(レ)
重要メロの繰り返し回数3回(ラレ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Dm、ⅱ:Em7♭5、ⅲ:F、ⅳ:Gm、ⅴ:Am、ⅵ:B♭、ⅶ:C
トニックマイナー(Tm):【Dm】、F、B♭
サブドミナントマイナー(SDm):【Gm】、Em7♭5、B♭、C
ドミナントマイナー(Dm):【Am】


解説
サビメロ3×2の後に下降メロで終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック・サブドミナントを活用した王道パターン。
演奏はギターとブラスアレンジが主体。
リズムについは、機械的な4つ打ちと裏ノリを意識したアレンジとなっている。





関連記事
→Dmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

柊キライ ラブカ? 音域
柊キライ ラブカ? BPM(テンポ)
柊キライの曲

A#(B♭)コードから始まるサビ 柊キライ メビウス

分析
コード:B♭


key(キー):Dマイナー
スケール:D E F G A B♭ C (レミファソラシ♭ド)
平行調:Fメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A4(ラ)~高:C6(ド)
重要メロの繰り返し回数:2回(ラソファ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Dm、ⅱ:Em7♭5、ⅲ:F、ⅳ:Gm、ⅴ:Am、ⅵ:B♭、ⅶ:C
トニックマイナー(Tm):【Dm】、F、B♭
サブドミナントマイナー(SDm):【Gm】、Em7♭5、B♭、C
ドミナントマイナー(Dm):【Am】


解説
上昇メロの繰り返しで印象を残した後に、下降メロで終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターン。
演奏はピアノアレンジが主体。
リズムについては、4つ打ち倍テンを基本とするスピード感を出す演出となっている。





関連記事
→A#(B♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

柊キライ メビウス 音域
柊キライ メビウス BPM(テンポ)
柊キライの曲