G#(A♭)コードから始まるサビ HoneyWorks ジュリエッタ

分析
コード:A♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~G#4(ソのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラ♭ファファミ♭ミ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを4回繰り返した後に、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターンで、メロ(G♭メジャー)とサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、倍テンを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→G#(A♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

HoneyWorks ジュリエッタ 音域
HoneyWorks ジュリエッタ BPM(テンポ)
HoneyWorks(ハニーワークス)の曲

C#(D♭)コードから始まるサビ Uru セレナーデ

分析
コード:D♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、下降メロによりを終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はストリングスアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリと16分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Uru セレナーデ 音域
Uru セレナーデ BPM(テンポ)
Uru(ウル)の曲

C#(D♭)コードから始まるサビ マルシィ ラブストーリー

分析
コード:D♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シ♭ソラ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、下降メロによりを終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はストリングスとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

マルシィ ラブストーリー 音域
マルシィ ラブストーリー BPM(テンポ)
マルシィの曲

G#(A♭)コードから始まるサビ fhána 青空のラプソディ

分析
コード:A♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:D#4(レのシャープ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数1回(ミ♭レ♭ソシ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロは2回繰り返した後、上昇メロにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はブラスとストリングスアレンジが主体。
リズムについては、4分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→G#(A♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

fhána 青空のラプソディ 音域
fhána 青空のラプソディ BPM(テンポ)
fhána(ファナ)の曲

Fmコードから始まるサビ 『ユイカ』 17さいのうた。

分析
コード:Fm


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:D#4(レのシャープ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラ♭シ♭ド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後で、上昇メロにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はピアノアレンジが主体。
リズムについては、3拍子を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Fmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

『ユイカ』 17さいのうた。 音域
『ユイカ』 17さいのうた。 BPM(テンポ)
『ユイカ』の曲

Fmコードから始まるサビ ツユ いつかオトナになれるといいね。

分析
コード:Fm


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:D#4(レのシャープ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミ♭ドド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
停滞メロと上昇メロの組み合わせを繰り返した後、上昇メロと下降メロの組み合わせにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Fmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

ツユ いつかオトナになれるといいね。 音域
ツユ いつかオトナになれるといいね。 BPM(テンポ)
ツユの曲

C#(D♭)コードから始まるサビ CHiCO with HoneyWorks ビビっとラブ

分析
コード:D♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:D#3(レのシャープ)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミ♭ドシ♭ラ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを4回繰り返した後、下降メロによりを終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はストリングスとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと16を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

CHiCO with HoneyWorks ビビっとラブ 音域
CHiCO with HoneyWorks ビビっとラブ BPM(テンポ)
CHiCO with HoneyWorks(チコ ウィズ ハニーワークス)の曲

G#(A♭)コードから始まるサビ Mr.Children 生きろ

分析
コード:A♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数1回(ソラ♭ラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はストリングスアレンジが主体。
リズムについては、8分と付点・休符を基本としたと歌メロを際立たせる落ち着きのあるアレンジとなっている。





関連記事
→G#(A♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Mr.Children 生きろ 音域
Mr.Children 生きろ BPM(テンポ)
Mr.Children(ミスターチルドレン)の曲

C#(D♭)コードから始まるサビ すとぷり シルベボシ

分析
コード:D♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:F3(ファ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラ♭ソファミ♭ミ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロの繰り返しによりを余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

すとぷり シルベボシ 音域
すとぷり シルベボシ BPM(テンポ)
すとぷりの曲

G#(A♭)コードから始まるサビ 緑黄色社会 時のいたずら

分析
コード:A♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:D#4(レのシャープ)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数1回(ミ♭ファラ♭ファド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロと下降メロの組み合わせにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はピアノとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分と8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→G#(A♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

緑黄色社会 時のいたずら 音域
緑黄色社会 時のいたずら BPM(テンポ)
緑黄色社会(りょくおうしょくしゃかい)の曲