Amコードから始まるサビ Led Zeppelin Stairway to Heaven

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシラソファミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
同サビメロを繰り返すことにより印象を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Led Zeppelin Stairway to Heaven 音域
Led Zeppelin Stairway to Heaven BPM(テンポ)
Led Zeppelin(レッド ツェッペリン)の曲

Amコードから始まるサビ DOES バクチ・ダンサー

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~C6(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(レミレドラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを3回繰り返した後、停滞メロの繰り返しにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

DOES バクチ・ダンサー 音域
DOES バクチ・ダンサー BPM(テンポ)
DOES(ドーズ)の曲

FMaj7コードから始まるサビ Sou スパークバグ

分析
コード:FMaj7


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:D3(レ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シドラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロと停滞メロの組み合わせにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。


>


関連記事
→FMaj7コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Sou スパークバグ 音域
Sou スパークバグ BPM(テンポ)
Sou(そう)の曲

Amコードから始まるサビ MAN WITH A MISSION Dead End in Tokyo

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~B4(シ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
停滞メロと上昇メロを繰り返した後、同メロを2回繰り返してで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分と16分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

MAN WITH A MISSION Dead End in Tokyo 音域
MAN WITH A MISSION Dead End in Tokyo BPM(テンポ)
MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)の曲

Fコードから始まるサビ フレデリック ジャンキー

分析
コード:F


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~C5(ド)
重要メロの繰り返し回数1回(ミソラソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロ2×2を繰り返した後、下降メロの繰り返しと上昇メロの組み合わせにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Fコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

フレデリック ジャンキー 音域
フレデリック ジャンキー BPM(テンポ)
フレデリックの曲

FMaj7コードから始まるサビ 秋山黄色 シャッターチャンス

分析
コード:FMaj7


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~C5(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラミレド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロの繰り返しにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→FMaj7コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

秋山黄色 シャッターチャンス 音域
秋山黄色 シャッターチャンス BPM(テンポ)
秋山黄色(あきやま きいろ)の曲

Fコードから始まるサビ B’z ギリギリchop

分析
コード:F


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:E3(ミ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数1回(ラソララ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを4回繰り返した後、上昇メロにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化ない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、2ビートと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Fコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

B’z ギリギリchop 音域
B’z ギリギリchop BPM(テンポ)
B’z(ビーズ)の曲

Amコードから始まるサビ fade One Reason

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミミレミファミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを4回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

fade One Reason 音域
fade One Reason BPM(テンポ)
fade(フェイド)の曲

FMaj7コードから始まるサビ Ado 心という名の不可解

分析
コード:FMaj7


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:E4(ミ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ド~シソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
同サビメロを5回繰り返した後、上昇メロにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→FMaj7コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Ado 心という名の不可解 音域
Ado 心という名の不可解 BPM(テンポ)
Ado(あど)の曲

Amコードから始まるサビ wotaku 福音

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数:1回(レファミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
メロを徐々に上昇させることにより印象を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用した暗めの進行で、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリを基本としたビートアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

wotaku 福音 音域
wotaku 福音 BPM(テンポ)
wotakuの曲