Amコードから始まるサビ HoneyWorks 新時代

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~G4(ソ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソミレド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを4回繰り返した後、停滞メロの繰り返しにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用パターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、4ノリと8分を基本にした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

HoneyWorks 新時代 音域
HoneyWorks 新時代 BPM(テンポ)
HoneyWorks(ハニーワークス)の曲

Amコードから始まるサビ すとぷり Ride on Time

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~G4(ソ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミファミレ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを4回繰り返した後、停滞メロを4回繰り返すことにより印象を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリを基本にした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

すとぷり Ride on Time 音域
すとぷり Ride on Time BPM(テンポ)
すとぷりの曲

Cコードから始まるサビ 秦基博 サイダー

分析
コード:C


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~C5(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミソソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロと停滞メロの組み合わせで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナント活用した王道パターンで、メロ(Fメジャー)とサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本にした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

秦基博 サイダー 音域
秦基博 サイダー BPM(テンポ)
秦基博(はたもとひろ)の曲

FMaj7コードから始まるサビ amazarashi カシオピア係留所

分析
コード:FMaj7


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後に、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→FMaj7コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

amazarashi カシオピア係留所 音域
amazarashi カシオピア係留所 BPM(テンポ)
amazarashi(アマザラシ)の曲

Cコードから始まるサビ マカロニえんぴつ たましいの居場所

分析
コード:C


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラソレレ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、下降メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナント活用した王道パターン。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本にした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

マカロニえんぴつ たましいの居場所 音域
マカロニえんぴつ たましいの居場所 BPM(テンポ)
マカロニえんぴつの曲

Cコードから始まるサビ WANIMA 愛彌々

分析
コード:C


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:2回(レドソソドド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロ2+1×4を繰り返した後、上昇メロと停滞メロの組み合わせで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナント活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本にした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

WANIMA 愛彌々 音域
MONGOL800×WANIMA 愛彌々 BPM(テンポ)
WANIMA(ワニマ)の曲

Cコードから始まるサビ Mr.Children Tomorrow never knows

分析
コード:C


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラファ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナント、スケールアウトを活用したパターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本にした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Mr.Children Tomorrow never knows 音域
Mr.Children Tomorrow never knows(トゥモロウ ネバー ノウズ) BPM(テンポ)
Mr.Children(ミスターチルドレン)の曲

Fコードから始まるサビ 優里 不言論

分析
コード:F


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数1回(ドラソソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はピアノとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Fコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

優里 不言論 音域
優里 不言論 BPM(テンポ)
優里(ゆうり)の曲

Cコードから始まるサビ Mr.Children 終わりなき旅

分析
コード:C


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
後半上昇のサビメロを2回繰り返した後、下降メロで終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナント、スケールアウトを活用したパターンで、メロ(Eメジャー)とサビでキーの変化があり、最後のサビで2回キーの変化(1音ずつ上昇)がある楽曲。
演奏はストリングスとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Mr.Children 終わりなき旅 音域
Mr.Children 終わりなき旅 BPM(テンポ)
Mr.Children(ミスターチルドレン)の曲

ネクライトーキー 君はいなせなガール 交差点

分析
コード:F


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数1回(レドド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロと最初のサビメロを組み合わせることにより印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分と16分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Fコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

ネクライトーキー 君はいなせなガール 音域
ネクライトーキー 君はいなせなガール BPM(テンポ)
ネクライトーキーの曲