Cコードから始まるサビ 星野源 折り合い

分析
コード:C



メロディラインの範囲:A2(ラ)~A3(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミミラソミドレミ)

解説
同じようなメロをサビ全体で返すことにより印象を残す手法。
音域の幅もそこまでなく、緩やかなメロディラインが特徴的。
演奏は打ち込みのドラムとシンセベースが主体。
*コーラス除く




関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

星野源の折り合い
星野源の曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です