Amコードから始まるサビ てにをは 発火

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~A5(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドミレソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
上昇メロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターン。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと倍テンを組み合わせたアクセントを重視したアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

てにをは 発火 音域
てにをは 発火 BPM(テンポ)
てにをはの曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA