G#(A♭)コードから始まるサビ 米津玄師 orion

分析
コード:A♭


key(キー):E♭メジャー
スケール:e♭ f g a♭ b♭ c d (ミ♭ファソラ♭シ♭ドレ)
平行調:Cmスケール


サビのメロディラインの範囲:A#3(ラのシャープ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソファ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:E♭、ⅱ:Fm、ⅲ:Gm、ⅳ:A♭、ⅴ:B♭、ⅵ:Cm、ⅶ:Dm7♭5、
トニック(T):【E♭(Maj7)】、Gm(m7)、Cm(m7)
サブドミナント(SD):Fm(m7)、【A♭(Maj7)】
ドミナント(D):【B♭(7)】、Dm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後に、上昇メロで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用しパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はストリングスアレンジが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→G#(A♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

米津玄師 orion 音域
米津玄師 orion BPM(テンポ)
米津玄師(よねづけんし)の曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA