Amコードから始まるサビ HoneyWorks 新時代

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~G4(ソ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソミレド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを4回繰り返した後、停滞メロの繰り返しにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用パターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、4ノリと8分を基本にした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

HoneyWorks 新時代 音域
HoneyWorks 新時代 BPM(テンポ)
HoneyWorks(ハニーワークス)の曲

Amコードから始まるサビ すとぷり Ride on Time

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~G4(ソ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミファミレ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを4回繰り返した後、停滞メロを4回繰り返すことにより印象を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリを基本にした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

すとぷり Ride on Time 音域
すとぷり Ride on Time BPM(テンポ)
すとぷりの曲

Amコードから始まるサビ てにをは お行儀よくね

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラドミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロ2+1×2を繰り返した後、停滞メロの繰り返しで余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分と付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

てにをは お行儀よくね 音域
てにをは お行儀よくね BPM(テンポ)
てにをはの曲

Amコードから始まるサビ Led Zeppelin Stairway to Heaven

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシラソファミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
同サビメロを繰り返すことにより印象を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Led Zeppelin Stairway to Heaven 音域
Led Zeppelin Stairway to Heaven BPM(テンポ)
Led Zeppelin(レッド ツェッペリン)の曲

Amコードから始まるサビ DOES バクチ・ダンサー

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~C6(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(レミレドラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを3回繰り返した後、停滞メロの繰り返しにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

DOES バクチ・ダンサー 音域
DOES バクチ・ダンサー BPM(テンポ)
DOES(ドーズ)の曲

Amコードから始まるサビ MAN WITH A MISSION More Than Words

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~G4(ソ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドソミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロは2回繰り返した後、停滞メロの繰り返しにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと8分を基本にした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

MAN WITH A MISSION More Than Words 音域
MAN WITH A MISSION More Than Words BPM(テンポ)
MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)の曲

Amコードから始まるサビ MAN WITH A MISSION Dead End in Tokyo

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~B4(シ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
停滞メロと上昇メロを繰り返した後、同メロを2回繰り返してで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分と16分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

MAN WITH A MISSION Dead End in Tokyo 音域
MAN WITH A MISSION Dead End in Tokyo BPM(テンポ)
MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)の曲

Amコードから始まるサビ millennium parade U

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドドシ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
同リズムメロを繰り返した後、停滞メロと上昇メロの繰り返しで印象を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、4分と8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

millennium parade U 音域
millennium parade U BPM(テンポ)
millennium parade(ミレニアム パレード)の曲

Amコードから始まるサビ Vaundy HERO

分析
コード:Am


key(キー):Eマイナー
スケール:E F# G A B C D (ミファ#ソラシドレ)
平行調:Gメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~C5(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラソシ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Em、ⅱ:F#m7♭5、ⅲ:G、ⅳ:Am、ⅴ:Bm、ⅵ:C、ⅶ:D
トニックマイナー(Tm):【Em】、G、C
サブドミナントマイナー(SDm):【Am】、F#m7♭5、C、D
ドミナントマイナー(Dm):【Bm】


解説
サビメロ3回繰り返した後に、上昇メロで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

Vaundy HERO 音域
Vaundy HERO BPM(テンポ)
Vaundy(バウンディ)の曲

Amコードから始まるサビ 青山テルマ そばにいるね

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~C5(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミファミレド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロは2回繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用パターンで、曲の後半でキーの変化がある楽曲。
演奏はピアノアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリを基本にした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

青山テルマ そばにいるね 音域
青山テルマ そばにいるね BPM(テンポ)
青山テルマの曲