Amコードから始まるサビ てにをは Empress

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~A5(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミミレド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、サビとメロでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分と付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

てにをは Empress 音域
てにをは Empress BPM(テンポ)
てにをはの曲

Amコードから始まるサビ ビッケブランカ FATE

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミレドラミミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分と8分ノリを基本としたビートアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

ビッケブランカ FATE 音域
ビッケブランカ FATE BPM(テンポ)
ビッケブランカの曲

Amコードから始まるサビ てにをは ザネリ

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~A5(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回半(ミファミレ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
上昇メロで印象を残した後、停滞メロからの上昇メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したやや暗めのアレンジ。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

てにをは ザネリ 音域
てにをは ザネリ BPM(テンポ)
てにをはの曲

Amコードから始まるサビ MAN WITH A MISSION Merry-Go-Round

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回半(ミソラソファソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2×3回繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したやや暗めのアレンジで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏は、シンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと8分を基本にした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

MAN WITH A MISSION Merry-Go-Round 音域
MAN WITH A MISSION Merry-Go-Round BPM(テンポ)
MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)の曲

Amコードから始まるサビ てにをは 発火

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~A5(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドミレソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
上昇メロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターン。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと倍テンを組み合わせたアクセントを重視したアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

てにをは 発火 音域
てにをは 発火 BPM(テンポ)
てにをはの曲

Amコードから始まるサビ MIMI いっせーのーで

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~C6(ド)
重要メロの繰り返し回数:2回(ドラソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したやや暗めのアレンジ。
演奏はピアノアレンジが主体。
リズムについては、8分を基本にした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

MIMI いっせーのーで 音域
MIMI いっせーのーで BPM(テンポ)
MIMI(ミミ) の曲

Amコードから始まるサビ ZOC CO LO s NA

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A3(ラ)~高:A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラ~)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターン。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、4分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

ZOC CO LO s NA 音域
ZOC CO LO s NA BPM(テンポ)
ZOC(ゾック)の曲

Amコードから始まるサビ P丸様。 ならばおさらば

分析
コード:Am


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~高:A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミレドシドシラソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したやや暗めのアレンジ。
演奏はギターなッキングが主体。
リズムについては、4分ノリをを基本とした歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

P丸様。 ならばおさらば 音域
P丸様。 ならばおさらば BPM(テンポ)
P丸様。の曲

Amコードから始まるサビ syudou キュートなカノジョ

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~C6(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシラソファミ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターン。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、4分と8分ノリを基本としたビートアレンジとなっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

syudou キュートなカノジョ 音域
syudou キュートなカノジョ BPM(テンポ)
syudou(しゅどう)の曲

Amコードから始まるサビ BAND-MAID Manners

分析
コード:Am


key(キー):Aマイナー
スケール:A B C D E F G (ラシドレミファソ)
平行調:Cメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~E5(ミ)
重要メロの繰り返し回数:2回(ラレドラ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Am、ⅱ:Bm7♭、ⅲ:C、ⅳ:Dm、ⅴ:Em、ⅵ:F、ⅶ:G
トニックマイナー(Tm):【Am】、C、F
サブドミナントマイナー(SDm):【Dm】、Bm7♭5、F、G
ドミナントマイナー(Dm):【Em】


解説
サビメロ2回で印象を残した後に、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用した王道パターン。
演奏は、ギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリを基本にした、重たさを感じさせる演出となっている。





関連記事
→Amコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BAND-MAID Manners 音域
BAND-MAID Manners BPM(テンポ)
BAND-MAID(バンドメイド)の曲