G#m(A♭m)コードから始まるサビ キタニタツヤ PINK

分析
コード:G#m


key(キー):G#マイナー
スケール:g# a# b c# d# e f# (ソ#ラ#シド#レ#ミファ#)
平行調:Bメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~C#5(ドのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソ#ソ#ファ#ミ#)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:G#m、ⅱ:A#m7♭5、ⅲ:B、ⅳ:C#m、ⅴ:D#m、ⅵ:E、ⅶ:F#、
トニックマイナー(Tm):【G#m】、B、E
サブドミナントマイナー(SDm):【C#m】、Am7♭5、E、F#
ドミナントマイナー(Dm):【D#m】


解説
サビメロを2回繰り返した後に、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→G#m(A♭m)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ PINK 音域
キタニタツヤ PINK BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

C#(D♭)コードから始まるサビ キタニタツヤ プラネテス

分析
コード:D♭


key(キー):A♭メジャー
スケール:A♭ B♭ C D♭ E♭ F G (ラ♭シ♭ドレ♭ミ♭ファソ)
平行調:Fマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:D#3(レのシャープ)~G#4(ソのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラ♭ソミ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:A♭、ⅱ:B♭、ⅲ:Cm、ⅳ:D♭、ⅴ:E♭、ⅵ:Fm、ⅶ:Gm7♭5、
トニック(T):【A♭(Maj7)】、Cm(m7)、Fm(m7)
サブドミナント(SD):B♭(m7)、【D♭(Maj7)】
ドミナント(D):【E♭(7)】、Gm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、最後のサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分と16分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ プラネテス 音域
キタニタツヤ プラネテス BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

D#Maj7(E♭Maj7)コードから始まるサビ キタニタツヤ ちはる

分析
コード:E♭Maj7


key(キー):B♭メジャー
スケール:B♭ C D E♭ F G A (シ♭ドレミ♭ファソラ)
平行調:Gマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数1回(ソファレドレ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:B♭、ⅱ:Cm、ⅲ:Dm、ⅳ:E♭、ⅴ:F、ⅵ:Gm、ⅶ:Am7♭5、
トニック(T):【B♭(Maj7)】、Dm(m7)、Gm(m7)
サブドミナント(SD):Cm(m7)、【E♭(Maj7)】
ドミナント(D):【F(7)】、A#m7♭5


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、Cメロとサビの最後でキーの変化がある楽曲。
演奏はストリングスアレンジが主体。
リズムについては、8分と付点・休符を基本とした歌メロをを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→D#Maj7(E♭Maj7)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ ちはる 音域
キタニタツヤ ちはる BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

Cコードから始まるサビ キタニタツヤ 冷たい渦

分析
コード:C


key(キー):Eマイナー
スケール:E F# G A B C D (ミファ#ソラシドレ)
平行調:Gメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:E3(ミ)~A4(ラ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラ~ファ#ソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Em、ⅱ:F#m7♭5、ⅲ:G、ⅳ:Am、ⅴ:Bm、ⅵ:C、ⅶ:D
トニックマイナー(Tm):【Em】、G、C
サブドミナントマイナー(SDm):【Am】、F#m7♭5、C、D
ドミナントマイナー(Dm):【Bm】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ 冷たい渦 音域
キタニタツヤ 冷たい渦 BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

Gmコードから始まるサビ キタニタツヤ タナトフォビア

分析
コード:Gm


key(キー):Gマイナー
スケール:g a b♭ c d e♭ f (ソラシ♭ドレミ♭ファ)
平行調:B♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ファミ♭レ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:Gm、ⅱ:Am7♭5、ⅲ:B♭、ⅳ:Cm、ⅴ:Dm、ⅵ:E♭、ⅶ:F
トニックマイナー(Tm):【Gm】、B♭、E♭
サブドミナントマイナー(SDm):【Cm】、Am7♭5、E♭、F
ドミナントマイナー(Dm):【Dm】


解説
サビメロを2回繰り返した後に、上昇メロと停滞メロの組み合わせにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はブラスとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Gmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ タナトフォビア 音域
キタニタツヤ タナトフォビア BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

Eコードから始まるサビ キタニタツヤ Rapport

分析
コード:E


key(キー):G#マイナー
スケール:g# a# b c# d# e f# (ソ#ラ#シド#レ#ミファ#)
平行調:Bメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~B4(シ)
重要メロの繰り返し回数:1回(レ#ド#レ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:G#m、ⅱ:A#m7♭5、ⅲ:B、ⅳ:C#m、ⅴ:D#m、ⅵ:E、ⅶ:F#、
トニックマイナー(Tm):【G#m】、B、E
サブドミナントマイナー(SDm):【C#m】、Am7♭5、E、F#
ドミナントマイナー(Dm):【D#m】


解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントなど活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと付点・休符を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Eコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ Rapport 音域
キタニタツヤ Rapport BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

Cmコードから始まるサビ キタニタツヤ 聖者の行進

分析
コード:Cm


key(キー):Cマイナー
スケール:C D E♭ F G A♭ B♭ (ドレミ♭ファソラ♭シ♭)
平行調:E♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:F3(ファ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数1回(ソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Cm、ⅱ:Dm7♭5、ⅲ:E♭、ⅳ:Fm、ⅴ:Gm、ⅵ:A♭、ⅶ:B♭
トニックマイナー(Tm):【Cm】、A♭、E♭
サブドミナントマイナー(SDm):【Fm】、Dm7♭5、A♭、B♭
ドミナントマイナー(Dm):【Gm】

解説
サビメロ2×2回を繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用した暗めの進行が特徴的。
演奏はシンセとルートベースアレンジが主体。
リズムについては、半テンと付点・休符を基本としたスローなアレンジとなっている。





関連記事
→Cmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ 聖者の行進 音域
キタニタツヤ 聖者の行進 BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

Fmコードから始まるサビ キタニタツヤ Ghost!?

分析
コード:Fm


key(キー):Fマイナー
スケール:D♭ E♭ F G A♭ B♭ C (レ♭ミ♭ファソラ♭シ♭ド)
平行調:A♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:G#3(ソのシャープ)~C5(ド)
重要メロの繰り返し回数:1回(ラ♭ソファミ♭ド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:Fm、ⅱ:Gm7♭5、ⅲ:A♭、ⅳ:B♭m、ⅴ:Cm、ⅵ:D♭、ⅶ:E♭
トニックマイナー(Tm):【Fm】、D♭、A♭
サブドミナントマイナー(SDm):【B♭m】、Gm7♭5、D♭、E♭
ドミナントマイナー(Dm):【Cm】


解説
上昇のサビメロを2回繰り返した後で、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用した暗めのアレンジ。
演奏はブラスアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリをを基本にとした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。 。





関連記事
→Fmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ Ghost!? 音域
キタニタツヤ Ghost!? BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

A#m(B♭m)コードから始まるサビ キタニタツヤ 逃走劇

分析
コード:B♭m


key(キー):B♭マイナー
スケール:B♭ C D♭ E♭ F G♭ A♭ (シ♭ドレ♭ミ♭ファソ♭ラ♭)
平行調:D♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:A#3(ラのシャープ)~A#4(ラのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シ♭レ♭ファミ♭ミ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:B♭m、ⅱ:Cm7♭5、ⅲ:D♭、ⅳ:E♭m、ⅴ:Fm、ⅵ:G♭、ⅶ:A♭
トニックマイナー(Tm):【B♭m】、D♭、G♭
サブドミナントマイナー(SDm):【E♭m】、Cm7♭5、G♭、A♭
ドミナントマイナー(Dm):【Fm】


解説
サビメロを2回繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターン。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分と付点・休符を基本としたアクセントを重視したアレンジとなっている。





関連記事
→A#m(B♭m)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ 逃走劇 音域
キタニタツヤ 逃走劇 BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲

D#Maj7(E♭Maj7)コードから始まるサビ キタニタツヤ Cinnamon

分析
コード:E♭Maj7


key(キー):B♭メジャー
スケール:B♭ C D E♭ F G A (シ♭ドレミ♭ファソラ)
平行調:Gマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:F3(ファ)~G4(ソ)
重要メロの繰り返し回数1回(ソレドシ♭ド)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:B♭、ⅱ:Cm、ⅲ:Dm、ⅳ:E♭、ⅴ:F、ⅵ:Gm、ⅶ:Am7♭5、
トニック(T):【B♭(Maj7)】、Dm(m7)、Gm(m7)
サブドミナント(SD):Cm(m7)、【E♭(Maj7)】
ドミナント(D):【F(7)】、A#m7♭5


解説
サビメロを3回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターン。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分と16分を基本とする歌メロを際立たせる演出となっている。





関連記事
→D#Maj7(E♭Maj7)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

キタニタツヤ Cinnamon 音域
キタニタツヤ Cinnamon(シナモン) BPM(テンポ)
キタニタツヤの曲