A#(B♭)コードから始まるサビ BiSH どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため

分析
コード:B♭


key(キー):B♭メジャー
スケール:B♭ C D E♭ F G A (シ♭ドレミ♭ファソラ)
平行調:Gマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシ♭ラシ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:B♭、ⅱ:Cm、ⅲ:Dm、ⅳ:E♭、ⅴ:F、ⅵ:Gm、ⅶ:Am7♭5、
トニック(T):【B♭(Maj7)】、Dm(m7)、Gm(m7)
サブドミナント(SD):Cm(m7)、【E♭(Maj7)】
ドミナント(D):【F(7)】、A#m7♭5


解説
上昇メロ2+1×2を繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→A#(B♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため 音域
BiSH どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA