Eコードから始まるサビ BiSH FiNAL SHiTS

分析
コード:E


key(キー):Bメジャー
スケール:b c# d# e f# g# a# (シド#レ#ミファ#ソ#ラ#)
平行調:G#mスケール


サビのメロディラインの範囲:C#4(ドのシャープ)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソ#シド#レ#ソ#)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:B、ⅱ:C#m、ⅲ:D#m、ⅳ:E、ⅴ:F#、ⅵ:G#m、ⅶ:A#m7♭5、
トニック(T):【B(Maj7)】、D#m(m7)、G#(m7)
サブドミナント(SD):C#m(m7)、【E(Maj7)】
ドミナント(D):【F#(7)】、A#m7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントなどを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Eコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH FiNAL SHiTS 音域
BiSH FiNAL SHiTS BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Cコードから始まるサビ BiSH CAN WE STiLL BE??

分析
コード:C


key(キー):Gメジャー
スケール:G A B C D E F# (ソラシドレミファ#)
平行調:Eマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソラシレシラソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:G、ⅱ:Am、ⅲ:Bm、ⅳ:C、ⅴ:D、ⅵ:Em、ⅶ:F#m7♭5、
トニック(T):【G(Maj7)】、Bm(m7)、Em(m7)
サブドミナント(SD):Am(m7)、【C(Maj7)】
ドミナント(D):【D(7)】、F#m7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナント活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏は、ギターバッキングが主体。
リズムについては、2ビートと8分ノリを基本としたスピード感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH CAN WE STiLL BE?? 音域
BiSH CAN WE STiLL BE?? BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

F#(G♭)コードから始まるサビ BiSH BE READY

分析
コード:G♭


key(キー):D♭メジャー
スケール:D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C (シ♭ラ♭ファミ♭レ♭)
平行調:B♭mスケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シ♭ドレ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:D♭、ⅱ:E♭m、ⅲ:Fm、ⅳ:G♭、ⅴ:A♭、ⅵ:B♭m、ⅶ:C#m7♭5、
トニック(T):【D♭(Maj7)】、Fm(m7)、B♭m(m7)
サブドミナント(SD):E♭m(m7)、【G♭(Maj7)】
ドミナント(D):【A♭(7)】、Cm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、下降メロにより終止感を残す手法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用した王道パターン。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本としたスピード感のあるアレンジが特徴的。





関連記事
→F#(G♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH BE READY 音域
BiSH BE READY BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Cコードから始まるサビ BiSH STACKiNG

分析
コード:C


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシラシドソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナント活用した王道パターン。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本にしたスピード感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH STACKiNG 音域
BiSH STACKiNG BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Eコードから始まるサビ BiSH オーケストラ

分析
コード:E


key(キー):Eメジャー
スケール:E F# G# A B C# D#(ミファ#ソ#ラシド#レ# )
平行調:C#mスケール


サビのメロディラインの範囲:B3(シ)~B4(シ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ファ#ミファ#)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:E、ⅱ:F#m、ⅲ:G#m、ⅳ:A、ⅴ:B、ⅵ:C#m、ⅶ:D#m7♭5
トニック(T):【E(Maj7)】、G#m(m7)、C#m(m7)
サブドミナント(SD):F#m(m7)、【A(Maj7)】
ドミナント(D):【B(7)】、D#m7♭5


解説
上昇メロで印象を残した後、下降メロにより終止感を残す手法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用した王道パターン。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、16分と8分を組み合わせたスピード感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→Eコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH オーケストラ 音域
BiSH オーケストラ BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲