Bコードから始まるサビ BiSH UP to ME

分析
コード:B


key(キー):E♭マイナー
スケール:E♭ F G♭ A♭ B♭ C♭ D♭ (ミ♭ファソ♭ラ♭シ♭ド♭レ♭)
平行調:G♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:C#4(ドのシャープ)~C#5(ドのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(レ♭ソ♭ソ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:E♭m、ⅱ:Fm7♭5、ⅲ:G♭、ⅳ:A♭m、ⅴ:B♭m、ⅵ:C♭、ⅶ:D♭
トニックマイナー(Tm):【E♭m】、G♭、C♭
サブドミナントマイナー(SDm):【A♭m】、Fm7♭5、A♭、D♭
ドミナントマイナー(Dm):【B♭m】


解説
サビメロを2回繰り返した後に、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Bコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH UP to ME 音域
BiSH UP to ME BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Gmコードから始まるサビ BiSH サヨナラサラバ

分析
コード:Gm


key(キー):Gマイナー
スケール:g a b♭ c d e♭ f (ソラシ♭ドレミ♭ファ)
平行調:B♭メジャースケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:2回(シ♭ソソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:Gm、ⅱ:Am7♭5、ⅲ:B♭、ⅳ:Cm、ⅴ:Dm、ⅵ:E♭、ⅶ:F
トニックマイナー(Tm):【Gm】、B♭、E♭
サブドミナントマイナー(SDm):【Cm】、Am7♭5、E♭、F
ドミナントマイナー(Dm):【Dm】


解説
サビメロ2+1×2を繰り返した後に、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、マイナーを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、4分ノリと8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Gmコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH サヨナラサラバ 音域
BiSH サヨナラサラバ BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

A#(B♭)コードから始まるサビ BiSH どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため

分析
コード:B♭


key(キー):B♭メジャー
スケール:B♭ C D E♭ F G A (シ♭ドレミ♭ファソラ)
平行調:Gマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G4(ソ)~F5(ファ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシ♭ラシ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:B♭、ⅱ:Cm、ⅲ:Dm、ⅳ:E♭、ⅴ:F、ⅵ:Gm、ⅶ:Am7♭5、
トニック(T):【B♭(Maj7)】、Dm(m7)、Gm(m7)
サブドミナント(SD):Cm(m7)、【E♭(Maj7)】
ドミナント(D):【F(7)】、A#m7♭5


解説
上昇メロ2+1×2を繰り返した後、下降メロにより終止感を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→A#(B♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため 音域
BiSH どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

C#(D♭)コードから始まるサビ BiSH LiE LiE LiE

分析
コード:D♭


key(キー):D♭メジャー
スケール:D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C (レ♭ミ♭ファソ♭ラ♭シ♭ド)
平行調:B♭mスケール


サビのメロディラインの範囲:F4(ファ)~C#5(ドのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:2回(シ♭レ♭シ♭シ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:D♭、ⅱ:E♭m、ⅲ:Fm、ⅳ:G♭、ⅴ:A♭、ⅵ:B♭m、ⅶ:C#m7♭5、
トニック(T):【D♭(Maj7)】、Fm(m7)、B♭m(m7)
サブドミナント(SD):E♭m(m7)、【G♭(Maj7)】
ドミナント(D):【A♭(7)】、Cm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→C#(D♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH LiE LiE LiE 音域
BiSH LiE LiE LiE BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Dコードから始まるサビ BiSH ごめんね

分析
コード:D


key(キー):F#マイナー
スケール:F# G# A B C# D E (ファ#ソ#ラシド#レミ)
平行調:Aメジャースケール


サビのメロディラインの範囲:C#4(ドのシャープ)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ミファ#ド#シ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:F#m、ⅱ:G#m7♭5、ⅲ:A、ⅳ:Bm、ⅴ:C#m、ⅵ:D、ⅶ:E
トニックマイナー(Tm):【F#m】、D、A
サブドミナントマイナー(SDm):【Bm】、G#m7♭5、D、E
ドミナントマイナー(Dm):【C#m】
解説
サビメロを2回繰り返した後に、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Dコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH ごめんね 音域
BiSH ごめんね BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Eコードから始まるサビ BiSH ぴょ

分析
コード:E


key(キー):Eメジャー
スケール:E F# G# A B C# D#(ミファ#ソ#ラシド#レ# )
平行調:C#mスケール


サビのメロディラインの範囲:E4(ミ)~C#5(ドのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:2回(ミシ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:E、ⅱ:F#m、ⅲ:G#m、ⅳ:A、ⅴ:B、ⅵ:C#m、ⅶ:D#m7♭5
トニック(T):【E(Maj7)】、G#m(m7)、C#m(m7)
サブドミナント(SD):F#m(m7)、【A(Maj7)】
ドミナント(D):【B(7)】、D#m7♭5


解説
サビメロ2×2を繰り返した後に、停滞メロにより余韻を残す手法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用した王道パターンで、メロとサビでキーの変化がある楽曲。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、4分ノリと8分を基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Eコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH ぴょ 音域
BiSH ぴょ BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Eコードから始まるサビ BiSH FiNAL SHiTS

分析
コード:E


key(キー):Bメジャー
スケール:b c# d# e f# g# a# (シド#レ#ミファ#ソ#ラ#)
平行調:G#mスケール


サビのメロディラインの範囲:C#4(ドのシャープ)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソ#シド#レ#ソ#)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:B、ⅱ:C#m、ⅲ:D#m、ⅳ:E、ⅴ:F#、ⅵ:G#m、ⅶ:A#m7♭5、
トニック(T):【B(Maj7)】、D#m(m7)、G#(m7)
サブドミナント(SD):C#m(m7)、【E(Maj7)】
ドミナント(D):【F#(7)】、A#m7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロにより余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナントなどを活用したパターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏はシンセアレンジが主体。
リズムについては、8分ノリを基本とした歌メロを際立たせるアレンジとなっている。





関連記事
→Eコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH FiNAL SHiTS 音域
BiSH FiNAL SHiTS BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Cコードから始まるサビ BiSH CAN WE STiLL BE??

分析
コード:C


key(キー):Gメジャー
スケール:G A B C D E F# (ソラシドレミファ#)
平行調:Eマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:G3(ソ)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ソラシレシラソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:G、ⅱ:Am、ⅲ:Bm、ⅳ:C、ⅴ:D、ⅵ:Em、ⅶ:F#m7♭5、
トニック(T):【G(Maj7)】、Bm(m7)、Em(m7)
サブドミナント(SD):Am(m7)、【C(Maj7)】
ドミナント(D):【D(7)】、F#m7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、停滞メロで余韻を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナント活用した王道パターンで、曲中にキーの変化はない。
演奏は、ギターバッキングが主体。
リズムについては、2ビートと8分ノリを基本としたスピード感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH CAN WE STiLL BE?? 音域
BiSH CAN WE STiLL BE?? BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

F#(G♭)コードから始まるサビ BiSH BE READY

分析
コード:G♭


key(キー):D♭メジャー
スケール:D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C (シ♭ラ♭ファミ♭レ♭)
平行調:B♭mスケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~D#5(レのシャープ)
重要メロの繰り返し回数:1回(シ♭ドレ♭)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲 *()内は付加できる音
ⅰ:D♭、ⅱ:E♭m、ⅲ:Fm、ⅳ:G♭、ⅴ:A♭、ⅵ:B♭m、ⅶ:C#m7♭5、
トニック(T):【D♭(Maj7)】、Fm(m7)、B♭m(m7)
サブドミナント(SD):E♭m(m7)、【G♭(Maj7)】
ドミナント(D):【A♭(7)】、Cm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、下降メロにより終止感を残す手法。
コード進行は、トニック・ドミナントを活用した王道パターン。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分を基本としたスピード感のあるアレンジが特徴的。





関連記事
→F#(G♭)コードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH BE READY 音域
BiSH BE READY BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲

Cコードから始まるサビ BiSH STACKiNG

分析
コード:C


key(キー):Cメジャー
スケール: C D E F G A B (ドレミファソラシ)
平行調:Aマイナースケール


サビのメロディラインの範囲:C4(ド)~D5(レ)
重要メロの繰り返し回数:1回(ドシラシドソ)*正確な音数は省略

一般的な曲中のコード範囲
ⅰ:C、ⅱ:Dm、ⅲ:Em、ⅳ:F、ⅴ:G、ⅵ:Am、ⅶ:Bm7♭5
トニック(T):【C(Maj7)】、Em(m7)、Am(m7)
サブドミナント(SD):Dm(m7)、【F(Maj7)】
ドミナント(D):【G(7)】、Bm7♭5

解説
サビメロを2回繰り返した後、上昇メロで印象を残す作曲法。
コード進行は、トニック、ドミナント活用した王道パターン。
演奏はシンセとギターバッキングが主体。
リズムについては、8分ノリを基本にしたスピード感のあるアレンジとなっている。





関連記事
→Cコードから始まるサビ(目次へ)
→TOP(目次へ)

BiSH STACKiNG 音域
BiSH STACKiNG BPM(テンポ)
BiSH(ビッシュ)の曲